当園について

園案内

園名 社会福祉法人NUA 愛知保育園
所在地 〒454-0807 愛知県名古屋市中川区愛知町30-20
電話 052-351-7014
対象園児 6ヶ月児~5歳児
保育時間 早朝保育:7:30~8:30
通常保育:8:30~16:30
夕刻保育:16:30~18:30
土曜保育:8:30~18:30
休園日 日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

沿革

2017年4月 社会福祉法人NUAが事業継承により運営開始
2020年4月 新園舎建替工事完了

園の一日

~ 0・1・2歳児クラス ~

  • 07:30

    順次登園
    自由遊び
  • 08:30

    モンテッソーリ活動
  • 09:00

    おやつ
  • 10:00

    戸外遊び
  • 11:00

    給食
  • 11:30

    午睡
  • 14:30

    おやつ
  • 16:30

    夕刻保育

~ 3・4・5歳児クラス ~

  • 07:30

    順次登園
    自由遊び
  • 08:30

    モンテッソーリ活動
  • 10:00

    リズムあそび・戸外遊びなど
  • 11:30

    給食
  • 13:00

    午睡(3歳児クラスのみ)
    4・5歳児 午後の活動
  • 14:30

    おやつ
  • 16:30

    夕刻保育

園長挨拶

令和3年度より愛知保育園に、モンテッソーリ教育が導入されるにあたり、名古屋芸術大学の同じグループである、たきこ幼児園より転任し、園長を務めさせて頂いております。

当園の保育内容は、お子さんひとり一人の内面からの要求を尊重し、 「私が、一人でできるのを手伝ってね」と自立に向けて自ら成長していきたいと望んでいるお子さんの願いを受け止めて保育を実践しております。 特に「モンテッソーリ教育」「リズムあそび」「季節・自然体験」の3つの柱を主軸として導入されております。

「子どもの生きる力を最大限に引き出す」マリア・モンテッソーリ女史が創案したモンテッソーリ教育法です。 特長といたしましては、「個の尊重」「環境による教育」の先駆けを為す教育法であり、 さらに、子どもの「生きる力」「心の教育」「知的発達を促す、乳幼児教育の在り方」 などを、キーワードとしています。

お子さんは、誕生した時から自分で自分を成長、発達させていく無限の力を持って生まれてきます。

その事を踏まえて、「お子さんがどの様な、発達の筋道を歩んでいくか」は周りの大人が、お子さんとどう関わっているのか どういう環境と関わる中で、自分自身を育てていこうとしているのかによって乳幼児期のお子さんの人格形成に大きな影響を与えます。 マリア・モンテッソーリ女史は、子どもへの手助けは、「生命の援助」だと言っています。

そして、乳幼児期は、五感がより洗練されていく時期です。
「手で触って」「口にいれて」「見て」「聴いて」「匂いをかいで」子ども自身で確かめながら、実体験を通して物の本質を学んでいきます。

そのような過程を大切にしたモンテッソーリ・メソットに沿いながら、お子さんの内面からの要求に沿った整えられた環境、 リズムあそびを通して培われたバランスの取れた体作り、様々な生活体験・季節体験などを保育内容の中に取り入れ「子ども達による主体的な豊かな生活」となりますように願っております。

苦情処理の公開

愛知保育園が提供する福祉サービスに係る苦情への対応、
苦情の円滑、円満な解決を図るため第三者委員を設置しています。

・現在苦情はありません。